「龍月 豊田店」鶏塩そば

豊田市街のど真ん中にある龍月豊田店に行きました。

ただ、あれだけ大きな街の中心部でありながら、良いラーメン屋が少ないのが、淋しいかぎりです。

 
別メニューに有った「鶏塩そば」にしてみました。

その昔、錦に有った「鴨ラーメン」を思い出します。

塩気は強め。出汁の主張は然程ではありません。

鴨肉は小振りですが、ジューシーでハムの様なしっとりした食感は好感が持てます。

 

≪ 龍月 豊田店 ≫
【住  所】 豊田市若宮町1‐57-1 T-FACE 9F
【営業時間】 11:00 ~ 22:00  無休
【H  P】 http://www.ryuzuki.com/shop/toyota.html

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

持病持ちのクラッチレリーズシリンダー

一年半振りにサーキット走行に行く事になったので、久し振りにあれこれ手を入れました。
先ずは、クラッチレリーズシリンダーからのオイル漏れの修理。

数年毎にインナーの交換をせざるを得ない状況に陥っています。


まぁ、これだけのセットがン百円で、未だに直ぐに入手できるのだから、よしとしますか。

ただ、構成部品は代替わりしていて、ブーツは形状が変わっていました。


今回の物では、組み付かないので、付いていた物を清掃して再利用します。

 

ブーツを開けてみたら、こんな状態。

きちゃない…

シールもヘタって縮んでいます。

 

まぁ、何事もなく交換して、ペダル側とで遊びの調整をして、完了です。

 

 

カテゴリー: 27レビン | コメントをどうぞ

「中華そば屋 華壱」中華そば 白醤油

美味しい醤油ラーメンが食べたくて、久し振りに華壱へ。

冷しそばとまぜそばに惹かれましたが、初志貫徹して、白醤油ラーメンをチョイスしました。

 

ちなみに、大盛です。
日東醸造の白たまりを使った一品。

この白たまりは、知り合いが開発に携わっているので、自宅でも使っています。

柔らかな風味。

しなやかな中細ストレート。

危うくスープを全部飲み干すところでした。

 

 

≪ 中華そば屋 華壱 ≫
【住  所】 豊明市西川町長田1-18
【営業時間】 11:30 ~ 14:00,18:00 ~ 21:45  火曜、第2・4月

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「麺屋あっ晴れ 堀田店」鶏辛らーめん

瑞穂競技場からの帰り道、ロス無く行ける店を探してみたところ、堀田付近のお店で、と云う事で、あっ晴れの堀田店にしました。

最初は堀田店限定のとろ豚らーめんにするつもりでしたが、券売機に有った「鶏辛らーめん」に惹かれて、これにしてみました。

 

店内のポスターを見ると、なんと明日までの期間限定メニューでした。

 

 

 

豚と鶏のダブルスープ仕立てになっていますが、流石に豚が強い。

基本はあっ晴れのラーメンに鶏の風味が加えられたという程度。

これに辛油が効いていますが、さほど辛くはありません。

ゴワゴワした麺は共通のもの。

鶏のチャーシューですが、まったく違和感はありません。
ただ、あえて鶏にする必要性も感じられませんでしたが、、、

砂肝も入っていましたが、コリコリ感は弱めで、ちょっと主張が無いのが残念でした。

 

≪ 麺屋あっ晴れ 堀田店 ≫
【住  所】 愛知県名古屋市瑞穂区神穂町1-22
【営業時間】 11:00 ~ 15:00、17:30 ~ 22:00  無休
【H  P】 http://www.dcreate.co.jp/appare/index.html

 

 

_

 

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「麺屋しずる 刈谷店」まぜそば大大

またも、しずるの刈谷店。

年末には今年最も通った店になるのは、間違いないような気がします。
で、今回もまぜそば。

しかし、今回は無謀にも「大大(480g)」です。

 
どんぶりの縁より上のボリューム感からは、それほどでもないように見えますが、器にはみっちりと麺が詰まっていて、混ぜるのも一苦労。

箸を持つ手が、食べる前から疲れてしまいます。
全て混ぜずに、モヤシとキムチは避けて、単独の味を確かめました。

タレは醤油が強く、手強い麺と相まって、醤油うどんみたい。

 

今まで感じませんでしたが、キムチは結構辛い、モヤシの胡椒の加減も強め。

 

いつもと手順を変えて、肉から攻めていき、なんとか完食。

 

まぜそばだから制覇できたと言うこともあるでしょうが、これ以上は無理かなぁ。

≪ 麺屋しずる 刈谷店 ≫
【住  所】 刈谷市神明町2-35
【営業時間】 11:00 ~ 14:00,17:00 ~ 22:00   不定休
【公式HP】 http://www.sizzle-men.com/

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「博多らーめん 丸山屋台」博多らーめん

仕事上がりに突然誘われて、以前から行きたかった刈谷の「丸山屋台」に行きました。

安城の丸山の支店?とのことですが、隣になる「上々 はなれ」とも関係があるようです。

(実際、お互いのメニューを取り寄せることができるみたいです)

とりあえず、オーソドックスに「博多らーめん」。

麺の茹で加減は生でオーダーしました。

安城のお店ほど長浜っぽくはありませんが、この近辺の豚骨ラーメン屋では味わえない、本場チックな味。

豚骨の荒々しさが感じられますが、かなり一般向きにチューニングしてあるように思います。

麺は生とは言いますが、ハリガネ位の湯で加減。

この後に家で夕飯が待っていないのであれば、替え玉をバリカタで頼んだんでしょうが、、、残念。

具は卵と厚めのチャーユーが入っており、コスパ的には十二分。

個人的には、卵も不要で、チャーシューはハムのように薄いもので良いのですがねぇ。

≪ 博多らーめん 丸山屋台 ≫
【住  所】 刈谷市築地町2-1  駐車場内
【営業時間】 18:00 ~ 24:00  月火曜休(雨天も休み)
【H  P】 https://twitter.com/yatai_ra_men

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「三嶋製麺所」

先ほどの残念な気持ちを打ち消すべく、もう1軒寄ることにしました。

名作「UDON」の冒頭に登場する「三嶋製麺所」です。

看板も目印も何もなく、小さな集落の中へ続く細い道を入っていくと、それらしい建物がありました。

入口が開いていて、人が居たので分かりましたが、扉が閉まっていたら、全く分からないでしょう。

駐車場も店舗?の横に3台分ありますが、これも表示がありません。

オーソドックスに冷たいのを1玉頂きました。

柔らかな印象ですがしっかりとしたうどん。まさにしなやか、というべきなのかな?

これに、初体験の唐辛子と醤油の組合せが、なんともマッチします。

唐辛子と醤油の風味だけなのですが、こんなに美味しいとは知りませんでした。

雰囲気、味の両方で感動を受けました。

≪ 三嶋製麺所 ≫
【住  所】 香川県仲多度郡まんのう町川東276
【営業時間】 10:00 ~ 16:30  金曜休

カテゴリー: ラーメン以外 | コメントをどうぞ

「小懸屋(おがた)屋」かけ

元々、まんのう町に向かっていたのは「大根おろしを自分で擦るうどん屋に行きたい」という子供たちのリクエストから、全国区で有名な「小懸屋(おがた)屋」に行くためでした。
久し振りにたどり着くと、店舗は奥に拡張され、駐車場も広くなっていました。
ちょうどお昼時でしたが、そのお陰で然程待たずに席に通されました。

 

醤油うどんは以前に食べていましたので、今回はかけ。

 

 

一口食べて分かった事は、醤油うどんに惑わされていて見落としていた事。

 

それは、この店が、製麺所型でもなく、大衆セルフ店型でもない、ごく普通の一般店である事です。

考えてみれば、メニューを見てオーダーして、提供されてきたものを食べ、伝票を持ってレジで精算する。

大根を自分で擦るので、何となくセルフっぽく思っていました。
出汁加減の薄いつゆに、醤油うどん向きに調整された麺。

間違ったイメージを持っていたのはたしかですが、全てが期待外れでした。

 

 

≪ 小懸屋 ≫
【住  所】 香川県仲多度郡まんのう町吉野1298-2
【営業時間】
[水~金] 9:30 ~ 16:00
[土日]   9:30 ~ 17:15
[月]     9:30 ~ 14:00  火曜休
【H  P】 http://www.ganso-ogataya.com/

 

 

カテゴリー: ラーメン以外 | コメントをどうぞ

「松井うどん」ひやかけ

最近は高松市街に比較的近いうどん店を回っていましたが、今回はまんのう町付近で食べ歩きです。

先ずは高速道路を下りてまんのう町に向かう途中に有った「松井うどん」。

店主は、名作「UDON」の監督をされた本広克行の弟さんとの事です。

カレーうどんも人気が有るとの事ですが、冷やかけを頂きました。

いりこの出汁がガツンと効いていますが、えぐみはほぼありません。

これに合わすうどんは、固さとしなやかさのバランスが良いもの。

はしごしないのであれば、是非とも大盛りにするか、カレーも食べたかったです。

有名人の関係者のお店という雰囲気は無く、完全に地元に溶け込んだ空気。常連さんばかりで、のんびりとうどんを味わえました。

≪ 松井うどん ≫
【住  所】 東海市加木屋町真崎86
【営業時間】 11:00 ~ 24:00 無休

カテゴリー: ラーメン以外 | コメントをどうぞ

「徳島ラーメン 大孫 川内店」ラーメン+ライス

台風のお陰で、恒例の四国行きの出発が、まる二日遅れてしまいました。

ただ、道は空いていたので、例年よりも早く徳島に着く事が出来ました。

ですので、いつもと違う店でラーメンを、、と思ったのですが、街中を外れると意外にも開いている店が無くて、結局徳島インターそばの「大孫」に入りました。

夜中だというのに、徳島ラーメンにライスは欠かせないので、普通のラーメン+ライスにしました。

無料の生卵を当然トッピングしています。

黒いスープは、見た目から予想した程醤油辛くなく、甘さは控え目で、すき焼き的ではありません。

麺は徳島では一般的な細ストレート。

観光バスが来るほどのお店のようですが、まあ普通ですね。

≪ 徳島ラーメン 大孫 川内店  ≫
【住  所】 徳島県徳島市川内町平石若宮285-1
【営業時間】 11:00 ~ 25:00   無休

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「支那そば きび 桃太郎外伝 品川店」豪快ラーメン

新幹線の乗車時間まで余裕が無いという事を忘れて、調理にも食べるにも時間が掛かる二郎インスパイアを勢いでオーダーしてしまいました。

「豪快ラーメン」です。

モヤシの量が半端ない。これだけでお腹が一杯になってしまいます。

きびの柔らかなスープがベースになっていますが、手を加えるとこんなに二郎っぽくなるとは驚きです。

つい頼んでしまったカレーは小ライス程度。

普通サイズだったら、新幹線に乗り遅れていただろうなぁ、、、

≪ 支那そば きび 桃太郎外伝 品川店 ≫
【住  所】 東京都港区高輪3-26-20 麺達七人衆品達ラーメン内
【営業時間】 11:00 ~ 23:00  無休
【H  P】 http://www.kibikibi.net/
http://www.shinatatsu.com/raumen/kaku_kibi.html

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「ラーメン凪 煮干王 渋谷店」特製煮干ラーメン

数有る渋谷のラーメン屋の中から、東京圏で人気の有る煮干系のラーメンが食べたくて、凪渋谷をチョイスしてみました。

珍しく、トッピングを全部のせにしてみました。

麺は大盛です。
予想していた(覚悟していた?)程のえぐみがありません。

それでいて、煮干の風味を感じさせてくれます。
以前に栄にあった、この店の流れを引いたお店のモノとは断然洗練されています。

麺は、非常に縮れが強く、口内で張りを感じます。

きしめんのお化けみたいな、一反もめんと呼ばれる、麺?は面白いけど、必要性は感じら れませんね。

 

甘いシナチク、甘い卵、甘いチャーシュー、、、具材は甘目に振られている様です。

 

なかなかバランスの良い1杯でした。

 

 

≪ ラーメン凪 煮干王 渋谷店 ≫
【住  所】 東京都渋谷区渋谷3-7-2
【営業時間】
(月~土)11:00 ~ 25:00
(日・祝)11:00 ~ 21:00  無休
【H  P】 http://www.n-nagi.com/store/niboshio/

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「中華麺店 喜楽」もやし麺

渋谷に何年かぶりに立ち寄ったのですが、迷って仕方がない位にラーメン店が有りました。

その中から、オーソドックスな老舗ラーメン店を選んでみました。

今年で創業62年になるという老舗の中の老舗、「喜楽」です。

 
オーソドックスな「中華麺」にしようかと思いましたが、空腹もあって「もやし麺」をオーダーしました。

もやしと言いながら、それだけでなくニラやニンジンなどと炒められたもやし炒め?が載っています。

豚と鶏の出汁に濃いめの醤油を合わせた厚みのあるスープ。

揚げネギがさらに厚みを加えます。
具のボリュームも有りますが、麺もそこそこ多めな感じ。

800円という価格も、渋谷という土地でこのボリュームであれば、納得です。

東京というと、あっさり醤油のイメージでしたが、こんな老舗のラーメンもあるんですね。

≪ 中華麺店 喜楽 ≫
【住  所】 東京都渋谷区道玄坂2-17-6
【営業時間】 11:30 ~ 20:30   水曜休

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

恒例行事

我が家の夏の恒例行事である、シエンタのオイル交換です。

 

 

今回はオイルのみ。

使用したのは、前回と同じレプソルですが、銘柄と粘度が違います。

ただ単に、そのタイミングにホームセンターで安売りしていただけですけど、、、、(^_^;)
交換時:69500km

 

 

カテゴリー: 四輪 | コメントをどうぞ

「麺屋 志縁」油そば

夏メニューが発売されたと云うので、また志縁に行ってしまいました。
で、冷やしを食べるつもりが、こちらも新登場の油そば(たまり仕立て)をオーダーしちゃいました

 

南知多で作られたというたまりを使用した濃いめの仕上がりということでしたが、卵かけ御飯みたいというのが第一印象。

たまりと温泉卵の主張が強いのでしょうが、それが悪いわけではなく、最近多くの店で扱う油そばと一線を画しているのが、逆に良い感じ。

油そば、というとガツンとした1杯というイメージを崩されました。

この店としては、ガツンとしたメニューなんでしょうけどね。

≪ 麺屋 志縁 ≫
【住  所】 東海市加木屋町石塚11-1
【営業時間】 11:00 ~ 14:30,18:00 ~ 21:30  火曜休

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ