「信濃屋」支那そば

多治見まで行って一軒で終わらすのは惜しいので、もう一軒。

こちらも老舗の「信濃屋」に行きました。

まあ、こちらは正しくはうどん屋なのでしょうが、、、

昔からのうどん屋の佇まいは、中までも。

自宅の一部が店舗を兼ねています。

今は区画整理の影響で改装されてしまいましたが、岡崎駅前の成瀬屋の昔の店舗と、全くイメージが重なります。

さて、支那そばとうどんを1杯ずつ食べようかと思いましたが、値段を知って驚いて止めました。

支那そばが880円、うどん(かけ・ころ)は660円。

え、2杯食べたら幾ら、、、、と、いうことで支那そばオンリーです。

スープは、まさに「つゆ」です。
うどん用の出汁の効いた甘目のつゆをベースにしているのでしょう。

ですが、不思議と「支那そば」と思える味付けがなされています。

うどんに合わすにはちょっと濃い目ですが、ラーメンなら良いかな。

麺は見た通り、平打ちで透明っぽいもの。

きしめんのようにコシがなくグニュっとしているかと思ったら、生パスタのような食感。

柔らかですが、噛み切る直前にふんばりがあります。

 

面白く、且つ美味しく頂けましたが、ちょっとコスパ的にはNGと思いました、、、、

 

≪ 信濃屋 ≫
【住  所】 岐阜県多治見市上野町3-46
【営業時間】 11:30 ~     日月火曜休

 

カテゴリー: ラーメン   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">