「石田食堂」ラーメン

次なる店は、京都市中央卸売市場の中にある「石田食堂」。

市場で働く人達を相手にしているので、早朝より営業しています。

京都駅から腹ごなしの為に歩いて行きました。

活気のある市場の中を抜け、時代を感じる建物に辿り着くと、オープンな市場の中にただ一軒、すりガラスの扉に囲われた、正に昔ながらの食堂がありました。

メニューを見るとカレーやチャーハンのセットもあります。

カレーを食べたいのを我慢して、ラーメンのみオーダー。

待っている間に聞こえてくる、おばちゃん達の会話がほっこり良い気分。


ディスプレーされているトミカも良いし♪

身体にやさしく染みわたる感じ。

昆布の出汁の様ですが、柔らかで、とがったところがなく、朝ラーにはうってつけ。

醤油とも塩とも分類出来ない味付けがされています。

麺は自家製らしいですが、全く写っていません。ちなみに硬さは普通にしました。

カレーとセットでも十分食べれてしまったであろう量で、もう食べ終わってしまうのが残念な位。

まあ、この時ばかりは、この後も昼飯を食べる予定でしたので、小ぶりで良かったです。

周辺含め、店の雰囲気も良いし、なかなか隠れた名店でした♪

≪ 石田食堂 ≫
【住  所】 京都府京都市下京区朱雀分木町80  京都市中央卸売市場内11号棟内
【営業時間】 6:30 ~ 13:00   日曜祝日休、市場の休場日

カテゴリー: ラーメン   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">