震災ボランティア活動

青年海外協力隊愛知県OB会の主催する、「40人まとめて1日ボランティア」の第2回に参加してきました。

名古屋駅から夜行バスで現地に入り、まる1日働いて、また夜行バスで帰って来るという、0泊3日の強行軍です。

活動場所は、宮城県岩沼市。仙台の南の名取市の更に南にあります。
最初は、岩沼市のボランティアの拠点になっている、岩沼市あいプラザへ行き手続きをします。

我々は事前に話が通してあるので、すぐに所定の箇所へ移動しますが、受付を待つ一般ボランティアの方々が長蛇の列で受付開始を待っていました。

 

因みにその隣には仮設住宅が建設されていました。

 
活動を行った地区は、海岸から1.5キロ位の箇所ですが、家屋の1階の半分の高さ位まで水が来た跡がありました。

依頼のあったお宅のビニールハウスがあった跡地の整備や床裏に入った泥の掻き出し。
またある家では、家財の運び出しや、倒れた庭木の撤去などを40人で手分けしてこなしました。

 
まだ周囲のいたる所で、手付かずの箇所がありました。

 
 

特に海岸からすぐの地区の住宅は、なす術もないのかほとんど放置されたままです。

 
まだまだ、長期で支援が必要だと、ひしひしと感じて帰ってきました。

興味のある方は、「青年海外協力隊愛知県OB会」のページを探してアクセスしてみてください。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">