「こむらさき」チャーシュー麺

急な出張で鹿児島に行く事になりました。
宿を探してもらったところ、天文館という繁華街のど真ん中。
ラーメンを食べなさいという、神のお告げとしか思えません。
しかし、あまりに急過ぎたので下調べがほとんどできないまま(有名店の名前と大体の位置をインプットした程度)現地入りしました。
ある店を目当てに商店街をさ迷っていたところ、超有名な「こむらさき」を発見しました。
「ほぅ、ここがこむらさきか~」と覗き込んだ時、丁度店を閉めようと出てきたお兄ちゃんとバッチリ目があってしまい、「大丈夫ですよ~」と言われてしまったので、不本意ながら入る事にしました。
他店で食べる気満々でしたので軽くしようと思いましたが、これも何かの縁かと思い直して、定番商品のチャーシュー麺をオーダーしました。
席に着くと、お冷やと一緒に提供されて来たのは大根の漬物。
以前、鹿児島の人に鹿児島のラーメン屋では大根の漬物で舌をシメながらラーメンを頂くと聞いていたのを思い出しました。
さて、メインディッシュのラーメンです。
こむらさき_チャーシュー
九州のラーメンだからと先入観があったのですが、豚骨100%ではないんですね。
実にあっさりとしながら、豚骨の風味を消さずに鶏と椎茸の風味が引き立てる感じ。
最近巾を効かせている豚骨×魚介のダブルスープでは、お互いが競り合って主張して来ますが、全く逆に互いにバックアップして引き立てるといった感じがしました。
ほんのり甘めで脂分は少なくあっさりしているので結構スルッと食べれてしまいます。
麺は丸断面の中細ストレート。かなり色白です。
コシはさほどではないですが、弱くもなく、ズルズルと吸うとスープを絡めながら上がって来ます。
トッピングの千切りキャベツと椎茸が食感に変化を与えてくれ、結構なボリュームだというのに、つい次から次へと口に運んでしまいます。
一口サイズのチャーシューは程よい噛み応えで、肉の味が染み出てきます。
ちょっと値段設定が高めですが、店もラーメンも気取った感じではなく、好印象でした。
≪ こむらさき ≫
【住  所】 鹿児島県鹿児島市東千石町11-19
【営業時間】 11:00 ~ 21:00
【H P】 http://www.kagoshimakomurasaki.com/

カテゴリー: ラーメン   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">