「ラーメン食堂 麺道場 安城店」極太ラーメン

安城で久し振りの新店が開店しました。
何やら、「如水」監修との事なので気になります。
場所は以前もラーメン店だった場所。
街外れで何も無い所ですが、デンパークからすぐの位置なので、味しだいでは流行るのではないでしょうか。
さて、自分は安城店ではウリの「極太ラーメン」にしました。
ラーメン食堂麺道場安城店_極太ラーメン
まず、スープを口に含んで、ビジュアルから来るイメージとは大きな差がある事が判りました。
風邪気味で鼻が利き難かったせいもあるでしょうが、明らかに二郎系に代表されるガツンと来るパンチ力がありません。
少し甘めで醤油は薄く、背脂のコクが後押しをしますが、ベースになっている鶏の主張が一番強いです。
「如水」が監修すると、二郎系ですらこうも洗練されてしまうんでしょうか。
ラーメン食堂麺道場安城店_極太麺
麺は極太と言っても、もやしとほぼ同じ太さ。
歯ごたえはさほど手強くなく、ズルズルと胃に消えていきます。
トッピングのもやしは、普通にスーパーで売っている1袋弱位の量が入っています。
負けじと、ネギもかなりの量が入っていました。
が、何か足りないと思ったら、キャベツが無いんですね・・・・
シナチクは味薄め。
横方向に噛み切れるほど柔らかですが、コリコリ感は残っています。
家族は「醤油ラーメン」と「博多とんこつラーメン」にしたので、一通りは味見が出来ました。
まずとんこつ。写真から先日の「神楽」同様のコテコテを期待したのですが、拍子抜けするほど洗練されていました。
あっさり、と表現するにはちょっと違うような・・・薄いという感じでもなく、とりあえず極太ラーメン同様にパンチは無いかな。
しかし、麺は普通の茹で加減で頼んだのに、かなりの堅め。
噛み締めた時に、グッと反発してきます。
醤油については、極太ラーメンと同じスープかと思っていましたが、明らかに醤油が強く、またニンニクが主張してきます。
極細の麺はとんこつラーメンとは別物になっています。
やはり、「如水」の流れを全体的に感じます。
稲沢店まで行く程の事は無いかもしれませんが、とんこつラーメンは体調の良い時にちゃんと試してみたいです。
≪ ラーメン食堂 麺道場 安城店 ≫
【住  所】 安城市石井町高井155
【営業時間】 11:00 ~ 24:00 無休 

カテゴリー: ラーメン   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">