復活のシルクロード その2

ケーブルを入手したので、エルシノアの整備再開です。
まずは、破損したチョークケーブルの交換。
シルクロード_チョークケーブル
新品は、ノブにビニールが被っています。
次に、錆びついて全く動かないフロントブレーキのケーブル交換。
ブレーキレバー根元のアジャスターが付属していたので、このまま新品をとっておこうと思い、ケーブルだけ取り替えてみたら、、、合わない?
良く見てみると、ケーブルアウターの径が微妙に大きくなっていました。
シルクロード_ブレーキケーブル
だからアジャスターの内径が違ってるんですね。
さて、あっという間に作業が終わってしまったので、タンクのフューエルコックの移植もしました。
その際に、随分とタンク内部に錆が出ているのに気付いたので、逆さにして振ってみたところ・・・・
まぁ、錆が出るわ出るわ!
シルクロード_タンク錆
5分も振ったら、こんな状態です。
花咲か爺の出番かな。

カテゴリー: 二輪, 2輪その他   パーマリンク

復活のシルクロード その2 への2件のコメント

  1. 味噌成分 より:

    チョークがこんなとこに付いてるんだ
    おもしろいねー

  2. げじ より:

    結構、ハンドル周辺にケーブル引いて持ってきている車は多いです。
    まあ、今後はインジェクションばかりになるでしょうから、チョークって死語になる日が来るんでしょうな・・・・(悲)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">