ラインではどうやって組んでいたんだろう・・・

久し振りに、車庫篭り。
本日のメニューは、CL50のFrフォークブーツの交換です。
交換前
ブーツ交換前
まあ、バラして、ブーツを交換するまでは、何のことは無い作業でした。
さて、元通りにしようとしたところ、ここで問題が発生。
こいつは、Frフォークがアウタースプリングの構造なんですね。
インナースプリング構造であれば、インナーパイプはスプリングに押されて伸びきった状態になっているんですが、こいつはパイプの重みで縮んできちゃうんですねぇ。
別にそれだけなら手で引き上げれば良いのですが、ライトステーが被さるタイプなので、それも出来ません。
10センチ位のボルトがあれば、フォークの上端の雌ねじに仮締めして引き上げれるのに、と思っていたのですが、そんな適当なものがある訳ありません。
・・・ん、こんな所に良い物が!
Frホイールをフォークに留めるボルトが、径も長さもぴったり!!
そんな事で、無事組み上がりました♪
ブーツ交換後
ついでにメーターケーブルとミラーもつけたので、あとは自賠責に入れば晴れて公道デビューが出来ますね。

カテゴリー: 二輪, 2輪その他   パーマリンク

ラインではどうやって組んでいたんだろう・・・ への2件のコメント

  1. 味噌成分 より:

    生徒は来てるの??

  2. げじ より:

    生徒が来ないと、CLには手を出さないようにしています。
    手伝わせないと、勉強にならないからねぇ。
    今回も、ピカールで一生懸命磨いていたよ(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">