SIDE3潜入作戦

ついに念願のガンダムバー「SIDE3」に潜入です。

http://www.stickam.jp/profile/side3

(mixiもあるそうですが、良く判りませんでした)
駅西銀座商店街を東側からずーっと歩いて行き、まだ着かないのか?と思ったくらいの処にありました。
(フォミリーマートを過ぎた向かい側です)
聞いていた通り、入り口は目立ちにくくて、つい行き過ぎてしまいそう。
それと、以前の新聞等の記事で見た写真と、あまりに店内のイメージが違ったからでしょうか。

http://meieki.keizai.biz/headline/548/

入口を入ったらすぐ店内になっており、カウンターにはガンプラやグッズが秩序無く飾られています。
SIDE3
お洒落なバーをイメージしていたので、現実との格差に愕然としました。
「ガンダムバー」というより「ガンダム居酒屋」という感じ。
それ以上に、ガンオタの部屋と言った方がしっくりきそう・・・
カウンターの一番奥の席に陣取りました。
その奥には多少ですが座敷もありました。
モニターには第9話「翔べ!ガンダム」が流れていました。
オシボリを渡すところから、店員さんがもうクドイ位にネタを振って来ます。
モニターのシーンに合わせて「親父にもぶたれたこと無いのに!」とか突然叫びます。
流石に知っている人間でも、ちょっと引きそう・・・(KYな人ならOKかも)
メニューを見ると45種類のカクテルがあります。
ファースト、ゼータから、最近のSEEDまでをモチーフとした、様々な名前がつけてあります。
目ぼしいところだと、「テム・レイの回路」「シンデレラ フォウ」「プルプルプル~~~!!」「ストライクルージュ」「オレンジハロ」とか。
とりあえずドム好きにはたまらない「黒い三連星」をチョイスしました。
すると「ガイア、オルデガ、マッシュがありますがどれにしますか?」と聞いてきたので、オルデガを頼むと「オルデガは少しクセがありますがよろしいですか?」ときたもんだ!(笑)
きっと使っているお酒の混ぜる配分を変えているんでしょうかね。
連れの一人は、定番?「赤い彗星」。
あとの二人は焼酎の水割りを頼むと「そんな寂しい言い方じゃなく、『ソーラレイ』ですね」とかまされます。
提供する際も、「はい!3倍早い『赤い彗星』です!』と。
(「3倍早くなる」だっけな?)
おつまみにも凝った名前がつけられていましたが、今回は偵察任務のみなので注文はしませんでした。
しかし、ディスプレイのガンプラは、壊れかけていたり、パーツが無かったりで、残念。
あと、もう少し落ち着いて飲める雰囲気が良かったなぁ。
こちらからネタを振った時だけ、しれっと返してくれると嬉しいんだが。
池下にある「ア・バオア・クー」だと、場所柄もう少し違うかも、と期待しました。
次回は本腰を入れてもっと濃いメンツで潜入作戦に臨む事にします。
 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">