水溜り?油溜まり?・・・ガソリン溜まり!

ゴリラが路上復帰したので、妻が通勤に使う様になりました。
その二日目の朝、「オイル溜まりが出来てるよ~」というHELPメールが。
聞くと、車両下に30センチ径位の油の輪が出来ているとの事。
ヘッドとシリンダーの境からオイルの滲みがあったのですが、一気にそんなに漏れるとは思い辛い。
キャブのドレンからの漏れが前からあったので、ガソリンじゃないのか?と聞くとコックはちゃんと閉めていたとの事。
心配なので、今日は乗らずに済ませました。
帰って現状確認すると、やはり油のシミはガソリンでした。
コックは閉まっていたので、フロート室内のガソリンが何らかの理由で全部漏れてしまったのでしょう。
そういう事で即病院(車庫)送り。
Z50キャブ
キャブをバラしたところ、メインジェットの経路に大量のミドリカビ(?)が堆積していました。
復活作業時に掃除したんですが、残っていたカスが吸上げられる時にココに集まって溜まったのでしょうか。
道理で吹けも悪いはず・・・
フロート廻りもバラして清掃し、作動のチェック後に組みなおすと、モレる気配は全くなくなりました。
一応、試運転し暫く放置後に確認しましたが、フューエルコックONの状態でも大丈夫だったので、良しとしますか。
 

カテゴリー: 二輪, 2輪その他   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">