チュリアーニ

以前から漏れていた、Frフォークのオイル漏れがだいぶ深刻になってきたので、少し調べてみました。
漏れている場所はアウターチューブの下部にある減衰力調整用ダイヤル部です。
チュリアーニ
イジってその差が判るほどの腕前ではないので、調整した事はないのですが、ある時から漏れていました。
清掃して、ダイヤル?を押し込んでみると、つつっぅっとオイルが滲んできます。
慌てて押さえても、押さえている間しか止まりません。
手当たり次第に何でもやってみようと思い、調整用ダイヤルを1から0にしてみると、さらに漏れてきました。
また慌てて今度は0から2にしてみたところ、ぴたっと止まりました。
とりあえず、チュリアーニのフォークじゃパーツ探しも一筋縄にはいかないでしょうから、しばらくはこれで様子を見るしかないようです。
最終的には国産流用に走るか・・・・

カテゴリー: サンタモニカ, 二輪   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">