讃岐うどんツアー(後編)

で、続くは剛麺の「山下うどん」。
駐車場は混んでいましたが、店内は割と空いていました。
丁度カウンターが1席空いていたので滑り込んで、「ぶっかけ 小」をオーダー。
店内の様子を振り返ってみると、石鎚山SAで買ったお土産用のうどんと同じものがあるではないですか!
知らずに買って、知らずに店を選んだんですが、偶然ここのうどんだったんです。
山下うどん
その偶然に驚きつつ前を向くと、もう目の前にぶっかけうどんが!
間髪入れずに「つゆは温かいの?冷たいの?」と聞かれ、「温かい方」って答えると、すかさずつゆの入った大きな徳利をドンと置かれました。
あまりのスピードに圧倒されて、つい写真を撮るのを忘れて食べ始めてしまいました。
噛み応え抜群の麺は今までに食べたどのうどんよりも硬くコシがあります。
ハイグリップタイヤを噛んで(噛んだ事は無いけど)いる様、と言うと大袈裟ですがそれ位に感じました。
つゆは徳利から注ぐのですが、どれ位が適量かが判らずに入れ過ぎてしまった感が!
思わずつゆを啜って、体裁を繕いました(恥)
その始終、隣の席の常連さんと思われる方が、カウンター越しに店主と世間話をしていたのですが、それがまた良い雰囲気でした。
もう一度、ゆっくり行きたいなぁ。
さて、3軒廻ったので帰途に着こうかと思ったのですが、もう1軒近所にあるようなので、空いていたら入るかな、と思い立ち寄ったのが「白川」。
ガイドには、アクセス道が非常に狭い、と書いてありましたが、ノアで難なくクリア♪
で、着いてみれば行列も無くてすんなり入れそうなので、もう1杯行くことにしました。
店の前で記念撮影をして、いざ店内へ!とドアを開けたとたん、人の背中が!入り口から注文口まで、7、8人並んでいました。
まずは行列に加わり、1玉用のどんぶりを手にして、何にするか検討・・・・・
かけ、ぶっかけ、と来たので、次は醤油か、、、と思っていたのですが、誰も醤油を食べていないし、前の人も注文をしません。
薬味のコーナーにも特にそれらしいものも見当たらないので、もう一度かけにしました。
麺をもらってつゆを掛けて薬味のコーナーの前に立つと、なんと大根おろしがあるじゃないですか!しまった・・・・
気持ちを切り替え、ネギと天かすを載せて、いただきまーす♪
白川 かけ小
うーん!「宮武」のつゆほどのインパクトはありませんが、やはり旨い!
麺のプリプリ具合はこちらの方が上か。
ちょっと後悔したのは、天かすを載せた事。美味しいのですが、せっかくのあっさりつゆが少ししつこくなってしまいました。
とりあえず、今回はこれで打ち止め。次回がいつかは判りませんが、醤油うどんと釜玉にチャレンジだな♪

カテゴリー: ラーメン以外   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">