「麺屋 黒船」小牧店

今年のラーメン食べ始めに行ってきました。
三重方面は開拓がなかなか進まないので、この機会に、と勇んで行ったのですが、空振りに終わりました。
部品交換会の帰りにマイカル桑名の「桑名らーめん街道」へ行ったのですが、早めに引き上げたので、到着したのが9時45分。
ショッピングモールの中なので10時には開店するはずだから15分待つか、と思い現地へ着いてみると、なんと!飲食街は11時からではないですか!
流石に1時間以上待つ気力が無かったので、小牧の後輩を送りつつ小牧で食すことにしました。
途中立ち寄ったコンビニで、丁度ラーメン特集を組んでいる「月刊くじら」という伊勢エリアの地方誌を発見したので、後学の為にゲットして三重県を後にしました。
で、約2時間後(セコク下道を使ったので)に小牧に着きました。まずは日進、尾張旭、豊田にある「龍月」の姉妹店、「虎月」へ。が、流石に1月2日では開いていませんでした。
次に向かったのは、小牧には最近進出した、名古屋市内を主に店舗を展開する「はせがわ」。が、これまた開いていません。
これを最後に、と向かったのが「麺屋 黒船」。結果、ようやくラーメンにありつく事ができました。
某有名店の店主がプロデュースするチェーン店ですが、かなり増えているようです。
池下店(閉店)と安城店には何回か行った事があるのですが、最近行ってないのですっかり味を忘れてしまいました。
この小牧店の特徴としては、キッズルームが備わっているので小さいお子様連れの方も気兼ねなく食べることが出来る事でしょうか。
最近追加されたという豚骨に少し迷いましたが、自分の求める豚骨ではなさそうでしたので、今回は塩にしました。後輩は辛味噌を選択。
席について店内のチラシをみると、「醤油と味噌にはこだわりがあります」という内容の文面が載ってます。じゃあ、今頼んだ塩はどうなの・・・
黒船_塩
出された瞬間に、ミネストローネのような洋風な香りをほのかに感じました。見た目から辛味噌ラーメンの匂いかと思い、嗅がせてもらったのですが、何か違います。
で、食べ初めてみると、なんと匂っていたのは自分の塩ラーメンでした!
コンソメとバジルなのか?洋食の技術を使って開発されたというスープが、なんともラーメンではないものの様な感じにさせます。麺は中太の平打ち麺でしたので、組み合わせはまるでスープスパの様。
だからと言って不味い訳ではなく、確かに塩ラーメンとしては別物かもしれませんが、麺もスープもしっかりしており、お上品な洋食を食べているようでした。
しかし、以前食べた時には、ここまで洋風なイメージを受けていなかったので、店によって違うのか、味が変わったのかな?
メンマは普通。チャーシューは見た目はハムのようですが、見た目よりは柔らかくジューシーでした。
しかし食べ始めからこうでは、やっぱり2007年も店の休みや営業時間に左右されるのだろうなぁ・・・(泣)
 

カテゴリー: ラーメン   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">