「すすきのラーメン かっつも亭 大府店」塩ラーメン

本日は、かっつも亭大府店。

今回は久しぶりの塩です。

どのメニューでも同じですが、熱々の油の膜が表面を覆っているので、火傷に注意して食べ進める必要があります。

塩でどっしりとしたスープは、県内ではここの系列で位でしょうか。

他店は、あっさり、スッキリ、淡麗、など、言葉は違えども、ライトなものが多いですね。

もっと、ここの様にパンチの効いた塩ラーメンが増えても良いと思うのですが、県民性なのでしょうか。

≪ すすきのラーメン かっつも亭 大府店 ≫
【住  所】 大府市北崎町井田4-1
【営業時間】 11:00 ~ 14:00,17:00 ~ 21:00  水曜休

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「継承 あっ晴れ 大府店」つけ麺4バカ

大府市のイベントのお手伝いに出掛けたその帰り、後輩が誘うので会場から歩いて行ける「あっ晴れ」へ。

いつ食べたか分からない位に久し振りのつけ麺にしてみました。

量は4バカ。ヤサイは増しませんでした。

ここのラーメンに比べれば、同じ量でもはるかにあっさりと食べれてしまいます。

でも、量の多いつけ麺って途中で飽きるんですよね、、、、

≪  継承 あっ晴れ 大府店 ≫
【住  所】 大府市横根町前田50-1 パチンコラッキープラザ隣接
【営業時間】 11:00 ~ 23:00 無休
【H  P】 http://www.dcreate.co.jp/appare/index.html

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「まるぎん二号」家康らぁめん

まるぎん二号に行ったら、まるぎん商店と日本晴れのコラボで開発された「家康らぁめん」が登場していたので、さっそく頂いてみました。

レディス盛りではなく、姫盛と呼ぶところが洒落てます。

モヤシをスープで煮ているので、その味が染みだしていて、豚骨で出汁を取ったモヤシの味噌汁チックな印象を受けました。

赤味噌の味噌汁で育った者だからなのか、八丁味噌を使ったラーメンはどれも味噌汁に感じてしまうのですが、皆さんはどうなんでしょう?

唐辛子が足りないと思い足しましたが、途中辛味がじわじわと効いてきてちょっと後悔しました。

レギュラー化する必然性は感じなかったですね。

≪ まるぎん二号 ≫
【住  所】 岡崎市昭和町字下川田10-2
【営業時間】 11:00 ~ 14:00 , 17:30 ~ 23:00  無休
【H  P】 http://www.marugin-2.com/

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「百才笑」Wラーメン

これまた久し振りの百才笑。

ランチパスポートの期限が迫っている事に気付いて、急遽行く事になりました。

メニューは「Wラーメン」限定。

麺の量が他店の豚骨ラーメンに比べ多目だと言うのに、それが2玉入っています。

ただでさえ延びやすい麺を使っているのに、この量では食べるのが遅い人では、食べるよりも増える方が早いかもしれません。

それを見越して、麺のゆで加減は粉おとしにしました。

元々このお店のスープは悪くはないと思いますが、個人的にはもう少しライトな方が量を食べるにはありがたいです。

結局、子供がほとんど食べなかったので、都合3玉分位は食べました。

≪  百才笑(ひゃくさいや)  ≫
【住  所】 知立市弘栄2-25
【営業時間】 11:30 ~ 14:00,18:00 ~ 21:00 (水曜は夜のみ)    月・火曜休

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「らーめん奏」塩ラーメン

最近、愛知の塩ラーメンでは1、2を争う人気店の「らーめん奏」に行きました。

以前来訪した際には、スープ切れで閉店していたので、リベンジです。

 

いつもなら、塩ラーメン推しの店でも醤油を食べてしまうのですが、今回は巷の評判の確認のために、塩をチョイスしました。

 

 

 

さまざまな魚介類から採ったという出汁が複雑に絡み合っていながら、突出して主張するものはなく、自分の舌では全ての材料を感じとる事は出来ません。

ラーメンのスープみたいな和だし、という感じを受けました。

組み合わされる麺は細ストレートの全粒粉を使ったもので、粒が見えますが舌触りには影響はありません。

何となく素麺を想像するつるりとした食感。

チャーシューは、良い肉料理の様な柔らかさで(肉厚のしょうが焼き)、味も肉と塩の旨味が感じられます。
しかし、専用駐車場が無く、提携駐車場も店に入らないと分からないのは不便です。

そのせいか、向かいにある休みの銀行の駐車場や、店の前の路上に堂々と駐車する、マナーの悪いお客が多いのが残念でした。

店に迷惑が掛かるという事に、気付かないんでしょうかねぇ。

≪ らーめん奏(かなで) ≫
【住  所】 名古屋市東区代官町1-3
【営業時間】
11:30 ~ 14:00
18:00 ~ 20:30(火・木・土曜のみ)    月曜休
【Twitter】 https://twitter.com/rmnknd

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「麺屋 開高 新千歳空港店」塩ラーメン

北の大地を離れる前に、最後にラーメンを食べるとすると、やはり新千歳空港内の「北海道ラーメン道場」になってしまいます。

お店は、帯広市街でフラれた「麺屋 開高」に決定。

そうしたのも、これも帯広でフラれた豚丼が食べたかったからです。

ということで、「十勝ホエー豚丼セット」を塩ラーメンでオーダー。

メニューの写真と比べると明らかに豚丼の大きさが小さいのは、メニューがハーフラーメンだからです。

今回の北海道行では塩比率が低かったので、塩で頼んだのですが、やはりここは味噌にしておくべきでした。

特筆すべきことは特にないスープに、主張のない麺。

豚丼のほうというと、ホエーを与えられて育てられたという豚を使っているそうですが、そこまで感じ取る事はできません。

美味しいのは間違いないのですが、、、、

≪ 麺屋 開高 新千歳空港店 ≫
【住  所】 北海道千歳市美々987   新千歳空港 国内線ターミナルビル3F
【営業時間】 9:00 ~ 21:00   無休

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「らーめん酒屋 三楽」塩らーめん

ラリー北海道の祝勝会の後、あっさり目のラーメンが食べたくて、二日前に来訪した「三楽(さんごう)」へ、「塩らーめん」目当てに行ってみました。

今回の北海道で初の塩ラーメンは、予想通りと言うより、期待通りの重さと塩加減。

函館的な海鮮の強い物ではなく、動物系をベースに作られています。

麺は、焦し醤油と変わらず。

一昨日の焦がし醤油の時には気付かなかったのですが、チャーシューの脂身からは醤油の風味を強く感じます。

そう言えば、北海道で塩ラーメンは10年ぶりでした。

 

 

≪ らーめん酒屋 三楽 ≫
【住  所】 北海道帯広市西2条南10丁目1-5
【営業時間】
平日    11:00 ~ 15:00,17:00 ~ 翌4:00   不定休
金土祝前日 11:00 ~ 15:00,17:00 ~ 翌5:00   不定休
【H  P】  o-sangou.com/

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「鉄ぺい」ネギ味噌ラーメン

7年ぶりに「鉄ぺい」へ行きました。

記憶では、散々飲んだ挙げ句の来店だったので、味の記憶が確かではありません。

 


基本、豚骨ベースと鶏ガラベースの二種。

確か前回も食べた、お店イチオシの(ピリ辛)ネギ味噌ラーメンをチョイスしました。

スープは鶏ガラベースだけあって、軽めで味噌もさほど押しが強くないもの。

麺は定番の中太ちぢれ。

油で炒められたネギがアツアツでした。

ここも、気になるメニューが多いので、再来せねばいかんです。

≪ 鉄ぺい ≫
【住  所】 北海道帯広市西一条南10-4 アポロビル 1F
【営業時間】
〔平日、日曜〕 11:00 ~ 翌4:00
〔金、土曜〕  11:00 ~ 翌5:00    第1第3日曜
【H  P】 http://www.a-i-f-m.com/teppei/

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「聚楽」みそラーメン

新規開拓の為に帯広の街中をウロウロし、辿り着いたのが「聚楽」。

地上にあると思っていたら地下でした。

まるで飲み屋みたい、、と思いながら入ってみると一角では宴会が行われていましたが、カウンターにはラーメンを啜る先客がいたので、ちょっとホっとしました。

老夫婦が2人で廻しているのですが、なんとなく落ち着く雰囲気が○。
古き良き時代のラーメン屋、といった感じでしょうか。

カウンターからは厨房が良く見えるのですが、丁度手元だけが影になって丼の中は見えません。

特に何か狙いが訳でないので、今回の北海道で初めての味噌をオーダーしました。

野菜は潔くモヤシのみ。一味唐辛子が少し振ってあります。

モヤシの旨みが染み出たスープは、見た目以上に油が多く、熱々です。

麺は中細。

他にも気になるメニューが幾つかあったのと、他のお客が頼んでいた餃子がやけに大きかったので、次回も来てみたいです。

≪ 聚楽 ≫
【住  所】 北海道帯広市西一条南9丁目1-1
【営業時間】 19:00 ~ 25:30   日曜休

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「カレーショップインデアン まちなか店」インデアンカレー中辛

帯広市の名物、第2段。

「インデアンカレー」です。

これもその存在は知りませんでした。

同じタイミングでラリー関係者がかなり居たということは、かなり有名なのでしょう。
ネットで調べると、帯広の家庭から自家製カレーを消した、とまで言われている様です。

早い・安い・旨い、と三拍子揃っているので、家で作るより良いという事になったそうです。

実際、カレールーだけ買い求める人を何人もみました。
それだけ人気があるということは、CoCo壱番屋を見掛けない訳です。

 

さて、インデアンルーというビーフの「インデアンカレー」。

中辛で、トッピングは無しです。

 

 

 
他に、野菜ルー、シーフードルーがありました。

 
見た目から、金沢カレーの様なものかと予想しましたが、また違います。

CoCo壱のビーフカレーよりも味に厚みが有り、トロみが強いです。

辛さも、ちょい辛いかな。
でも、何かクセになりそうなのは、両店共通ですね。

 

≪ カレーショップインデアン まちなか店 ≫
【住  所】 北海道帯広市西2条南10丁目1-1
【営業時間】 11:00 ~ 22:00   無休
【H  P】 www.fujimori-kk.co.jp/inmenu/inmenu.html

カテゴリー: ラーメン以外 | コメントをどうぞ

「らーめん酒屋 三楽」焦がし醤油らーめん

お目当てのお店が閉まっている時間でしたので、客引き(と言ってはNG?)のお兄ちゃんに薦められた「らーめん酒屋 三楽(さんごう)」に行ってみました。

店のHPによると孔子の「論語」から引用した店名との事です。

飲み屋を兼ねたラーメン屋で、酒類の種類もそれなりに有ります。

 
昼の2杯の醤油が思うような物ではなかったので、今回も醤油をチョイスしました。

ただ、只の醤油ではなく、「焦がし醤油らーめん」にしてみました。


単なる中華そばでは物足りないところですが、香ばしい油と醤油の風味で厚みを増しています。

 

遅くまで営業していて、店名に「酒屋」とあるので、居酒屋の様な騒々しいイメージをしていましたが、雰囲気もラーメンも良いお店でした。

 

 

≪ らーめん酒屋 三楽 ≫
【住  所】 北海道帯広市西2条南10丁目1-5
【営業時間】
平日    11:00 ~ 15:00,17:00 ~ 翌4:00   不定休
金土祝前日 11:00 ~ 15:00,17:00 ~ 翌5:00   不定休
【H  P】  o-sangou.com/

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「ラーメン寶龍 帯広大通店」醤油ラーメン

帯広に到着して、今回のチームの方と合流し、そのまま昼飯へ。

期待を裏切らずに、とあるラーメン屋に向かいましたが、なんと臨時休業!

次なる候補は、帯広なら豚丼でしょ!と有名店に向かったところ、平日だというのに店の外まで行列ができていました。

結局、別のラーメン屋に、と連れられて行ったのが「ラーメン寶龍」。

ここ帯広近辺ではかなり人気が高く、チェーン店展開しているそうです。

当然、味噌が一番人気なのですが、また天邪鬼的に醤油ラーメンをチョイスしました。

野菜の旨みが染み出たスープは、醤油のはずなのですが、どうも味噌っぽく感じます。

麺の太さは中位。もう少し、ボリューミーな麺が良いかな。

とはいえ、全体的なボリューム感が足りない訳ではないです。

≪ ラーメン寶龍 帯広大通店 ≫
【住  所】 北海道帯広市大通南29丁目16
【営業時間】 11:00 ~ 23:30   火曜休

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「旭川ラーメン 梅光軒 新千歳空港店」醤油ラーメン

北海道に来たのは、2008年のラリージャパン以来。

北の大地に降り立って最初の1杯は、千歳空港内の「ラーメン道場」にある梅光軒にしました。
旭川ラーメンは「蜂屋」で良いイメージを受けていたので、梅光軒には塩のイメージを持っていたのですが「醤油ラーメン」をチョイスしました。

 

 

 

 

しかし、提供されてきたラーメンは味噌ラーメンのように透明度の全くないスープ。

醤油の風味は遠く、味噌と醤油の中間くらいで、優しい味わい。

組み合わされるのは、北海道らしく縮れ麺で、太さは中~中細位。

もう少し、ごつい麺を期待していましたが、インパクトの弱いスープにはこれ位が丁度良いのかも。

≪ 旭川ラーメン 梅光軒 新千歳空港店 ≫
【住  所】 千歳市美々 新千歳空港内 国内線旅客ターミナルビル3F ラーメン道場
【営業時間】 10:00 ~ 21:00   無休
【公式HP】 http://www.baikohken.com/

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「ラーメン荘 歴史を刻め 新栄店」豚Wラーメン

愛知県県立芸術文化会館にて、優雅にクラッシック演奏を聴いた後、イメージ的には真逆の二郎インスパイアを食べに行きました。

関西から進出してきた二郎インスパイア「ラーメン荘 歴史を刻め 新栄店」です。

豚Wラーメン300gにチェダーチーズをトッピング。

無料トッピングは、ニンニク、ヤサイ、アブラをコール。

これは、こぼさずに食べる事は至難の技です。

いつもなら麺から食べ進みますが、後半戦の危険を察知したので、チャーシューとヤサイから手をつけました。

スープは醤油が強めでショウガの存在が感じられるもの。

ゴワゴワした不揃いな麺は本物の二郎に近いもので、ボソボソとしています。

アブラも醤油+ショウガで煮詰めてあるようでした。

食べている途中に轟音と振動が感じられたのですが、食べ終わって外へ出ると、隣の立体駐車場で無残に車が挟まれてペシャンコになっていました、、、

≪ ラーメン荘 歴史を刻め 新栄店 ≫
【住  所】 名古屋市中区東桜2-19-9
【営業時間】 11:30 ~ 15:00,18:00 ~ 22:00   日曜休
【ブ ロ グ】 http://blog.livedoor.jp/nagoyarekishi01/

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ

「つけめん舎 一輝 Anjo」魚爆ラーメン

つけ麺舎 一輝の安城店。

今回は、魚爆ラーメン

一言で言えば、動物と魚介のダブルスープ。

大量の魚粉で魚を全面に押し出してはいますが、スープ単体では動物が勝っています。

脂の層は厚く熱く。

組み合わされる麺はつけ麺用極太めん。

二郎インスパイアの様な極厚チャーシューは柔らかさ、味の染み具合は中くらい。

最初の店員からの説明通りに、醤油のわりにはボリューミーな一杯でしたが、よくある印象を受けました。

≪ つけめん舎 一輝 Anjo  ≫
【住  所】 安城市南町17-22
【営業時間】 11:30 ~ 14:00(土日祝~15:00),18:00 ~ 22:30   月曜休
【Blog】 http://ameblo.jp/tukemensha/

カテゴリー: ラーメン | コメントをどうぞ